ダイヤモンドの形

ダイヤモンドには形があるのをご存知でしょうか?定番ではラウンドブリリアントカット、と呼ばれる形があります。ブリリアントカットは、丸型に仕上げたもので、ダイヤの魅力を最大限に引き出す形と言われています。中心から放射状に輝くブリリアントカットのタイやモンドは、品があり多くの女性に人気です。

オーバルシェイプは真上から見て楕円形になっている形です。大きさをアピールできるのが特徴です。丸型のものよりも、存在感があります。ゴージャスな雰囲気の形をしたダイヤです。ペアーシェイプは洋ナシのように、片方の先端が細くとがっている形です。涙のしずくのように見えるので、ティアドロップともよばれています。ネックレスなどに人気です。マーキースシェイプは、両側がとがったカットになっています。マーキースは公爵夫人という意味があり、ルイ15世の時代に流行したもので、クラシカルで優美な雰囲気の形です。ハートシェイプはブリリアントカットの変形で、ハートの形をしたものです。キュートでかわいらしい印象のダイヤで、ピンクダイヤなどとよく合います。

どの形も素敵なので、自分の雰囲気などに合わせて選ぶのもいいでしょう。実際に指につけてみて、しっくりくるもの選ぶといいようです。