ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドには4Cと呼ばれる基準があります。それは、CUT、COLOR、CLARITY、CARATの4Cのことです。CUTはダイヤの表面の研磨と形、バランスを評価する基準です。ダイヤモンドはカットされたときの仕上げの状態などで、輝きが異なります。最高級、理想的、良好、やや劣る、劣る、の5段階のグレードがあります。COLORはダイヤの色のことです。ダイヤは無色透明ですが、よく見ると薄い黄色がかっているものがあります。無色透明であるほどランクが上です。ただし、ピンクダイヤやブルーダイヤは珍しいので、それを選ぶ人もいます。

CLARITYはダイヤモンドの透明度を表します。不純物や欠け、傷などがないほどグレードが高くなります。10倍の拡大検査で無傷のものが最高級です。ただし、肉眼で判別できなければ大きな問題になりません。CARATはダイヤモンドの重さの単位です。よく耳にするグレードの表示方法でしょう。1カラットは0.2gに相当します。カラット数が高いほど大粒のダイヤモンドになります。人気なのが0.3カラット前後です。

この4つの基準は世界中の基準で、4Cの組み合わせで価格を設定しています。グレードの高さによって、費用は上を見ればきりがないでしょう。婚約指輪が30万円以上、というのも納得できます。